ホーム>こども園紹介

こども園紹介

認定愛の光こども園教育目標

園内マップ

園内マップ

キリスト教保育について

神の国はかくのごとき者の国なり

キリスト教でもっとも大切な教えは
私たちの命を創ってくださった神様を愛することと、
人と人とが愛し合うことです。

私たち愛の光こども園は1950年創立以来、キリスト教・プロテスタント教会である飯野盛教会と共に歩み、「キリスト教保育」を行い、働き、そして奉仕してまいりました。キリスト教でもっとも大切な教えは二つ、それは私たち一人一人の命を創ってくださった神様を愛することと、人と人とが愛し合うことです。

私たち人間は一人とも完全な人はいません。自分を見つめると足りないところや、欠けているところばかりです。しかし神様はそんな私たちであっても、受け入れ、許し、忍耐し愛してくださっています。その喜ばしい恵みに満たされているからこそ神様の愛に応えて私たちは初めて互いに愛し合えるのです。

認定愛の光こども園の教師たちも神様に受けいれられ、満たされている喜びから、こどもたち一人一人を忍耐し、見守り、その成長にたずさわることに努めています。
神様が忍耐し、待ってくださる存在であるように、私たち教師、そして教会の信徒が一つとなって、幼い子どもたちを心から迎える、そのような「キリスト教保育」を愛の光こども園では続けています。

自然を感じ、感性を育む保育

愛の光こども園は、自然溢れる森の中のこども園です。

園庭は3000㎡の広さがあり、その中には、ビオトープや樹齢90年程のモミの木やエノキ・クヌギ・ヤマモモ・イチョウなど約25種類の樹木や動植物たちと、子ども達は一日中遊びながら自然を体験しています。子ども達にとって「豊かな遊び」こそ「学び」の基礎となります。

心を耕し、生涯消えることのない「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見はる感性」を育てる遊びを、今こそ子ども達に還元するべく、日々保育しております。

子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれています。残念なことに、わたしたちの多くは大人になるまえに澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直観力をにぶらせ、あるときはまったく失ってしまいます。
もしもわたしが、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力をもっているとしたら、世界中の子どもに、生涯消えることのない「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見はる感性」を授けてほしいとたのむでしょう。
この感性は、やがて大人になるとやってくる倦怠と幻滅、わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること、つまらない人工的なものに夢中になることなどに対する、かわらぬ解毒剤になるのです。』
(「センス・オブ・ワンダー」レイチェル・カーソン 上遠恵子訳2011年第54刷 新潮社)

当園の概要

設置者 学校法人キリスト教飯盛野学園
理事長 安東 優
こども園名 認定 愛の光こども園
園長 宮崎 幸子
郵便番号 〒675-2241
所在地 兵庫県加西市段下町880-29
TEL 0790-48-2733
FAX 0790-48-2781
定員 120名(こども園108名+保育12名)
創立者 日本基督教団 飯盛野教会
創立年月日 昭和25年9月1日
認可年月日 昭和25年7月25日
  • 樹齢数十年のエノキの木陰に寄り添う園舎。樹齢数十年のエノキの木陰に寄り添う園舎。
  • 園のすぐ傍で、キリスト教保育を土台で支える、飯盛野教会。園のすぐ傍で、キリスト教保育を土台で支える、飯盛野教会。
  • 園庭の真ん中では、樹齢約90年の大きなモミの木が皆を見守っています。園庭の真ん中では、樹齢約90年の大きなモミの木が皆を見守っています。

教職員のご紹介

園長 宮崎 幸子
副園長
(チャプレン)
安東 優
主幹教諭 福西 浩司・上埜 佳恵
事務長 高橋 文栄
大西 美乃里(事務サポート)
教諭

年長・望組:倉谷 昭子
年中・光組:西山 由希子
年少・愛組:津田 篤史
   星組:岡田 真千子
2歳児・ひつじ組:山口 志織
0・1歳児・いのり組:内山 悠(1歳児)・立野 敦子(0歳児)
サポート : 皆越 真佐美・神田 あゆみ・新井 愛菫・牛尾 朱里・駒井 将司・
       竹川 和子・松本 美和・堀尾 千恵・赤山 麻利亜

保健師・子育て相談員 松田 幸代
バス添乗員 橋爪 久江・高橋 佐代子
運転手 天野 司・藤原 良成
調理員 小野 厚子・坂田 優子・内海 恵美・鴛田 政子

アクセスマップ

学校法人キリスト教飯盛野学園 認定愛の光こども園

〒675-2241 兵庫県加西市段下町880-29

日本基督教団飯盛野教会前。お気軽にお立ち寄りください。