ホーム>園の一日

園の一日

愛の光こども園の一日の流れ

お迎えの通園バスで登園!

登園後、ロッカールームにて身支度、室内での自由遊びの時間

午前のクラス活動の時間

うた、絵本の読み聞かせ、クラスでの礼拝、わらべうた(集団遊び)など

昼食(給食)

室内での休息、戸外遊びの時間

片づけ、降園準備

午後のクラス活動

降園(通園バス、送り)

延長(預かり)保育、子どもクラブ

さまざまなプログラム

ビオトープ

ビオトープ

2001年(平成13年)3月、愛の光幼稚園創立50周年記念事業の一環として、園庭南側に建設していたビオトープのオープニング祝典が執り行われました。
このビオトープは、造園業者だけでなく、園児の保護者有志の方々にも手伝って頂き、他に類を見ない大変立派なものとなりました。
平成20年には、財団法人日本生態系協会より「全国学校ビオトープ・コンクール2007-目がかがやいてるね、ビオトープ-」に於いて、栄えある銀賞を取得しました。園児たちは季節と共に水辺に集い、様々な生態系を身にとって感じることができる愛の光こども園の自慢のひとつです。

和太鼓

和太鼓

楽器の中でも日本固有のものである和太鼓は宮太鼓、平太鼓、締太鼓といったいくつかの種類があります。全身の力を振り絞って太鼓を叩くので、手が痛くなったりもしますが、「和太鼓大好き!」という思いを持って一生懸命練習を重ねています。
最初は音が出るだけで満足だった子どもたちも、自分の音の変化に気づき、まわりの音を聞きながら、お友だちと一緒に心をひとつにして演奏する喜びを感じるとともに、お互いに協力し演奏を行うことで自然に協調性を育み、豊かなリズム感を養います。

通園バス

通園バス

愛の光こども園には、大型スクールバス(大人3人・幼児49人乗り)と小型スクールバス(大人3人・幼児20人乗り)の2台の幼児バスがそれぞれ2回ずつ市内外各地を巡り、殆どの在園児たちを自宅近くまで送迎しています。

食育と給食

食育と給食

【食育による保育】
園舎西側の広大な畑にて、季節の野菜・果樹の苗植え・世話・収穫体験を行っています。野菜等を実際に子ども達が調理して、園の皆で頂く機会を通して「食育」による保育を行っています

【給食】
2017年度より、毎日、姫路市夢前町の「株式会社いぐち」より新鮮な食材が納品され、おいしい給食を自園にて調理提供しております。


以下、いぐちさんの紹介をさせて頂きます。

☆    出来る限り、新鮮な食材で調理し、手作りのメニューにします。
☆    アレルギーをもっているお子さまの情報を、園と共有し対策を検討します。
☆    こども園の行事に合わせたり、季節の献立を作成します。
☆    お米は、夢前町の単一農家に依頼をします。
~生産方法・銘柄・出荷日時が分かり、安心してお子さまに提供できる食材を目指します~
☆    基本的に国産品を優先しています。
☆    地元で生産された野菜を採り入れます。~子ども達による、体験農業もできます!~
☆    毎日配達し、鮮度が落ちないようにします。

学校法人キリスト教飯盛野学園
認定 愛の光こども園

〒675-2241 兵庫県加西市段下町880-29

お電話:0790-48-2733

フェイスブックページ